お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

股関節痛の67歳女性 原因は仙腸関節機能異常と中殿筋と腸脛靱帯の筋連結低下でした

痛みが出始めたのはかれこれ1年前です。

右の股の付け根やお尻から太ももの後ろ側に痛みが出ます。シビレは有るような無いようなと言われます。

このような症状は腰に原因があることが多いので腰の検査と治療を行います。

初回

下肢の神経反射は全て正常。

症状の出ている仙腸関節のストレステストが陽性でした。

初回は解剖運動学に基づく矯正を行い、ストレステストはほぼ正常になりました。

太ももやお尻の痛みやシビレは消失しました。

しかし、股関節を内転内旋圧迫を行い、最後の内旋の時に痛みが出ました。

2回目

2回目に、仙腸関節のストレステストは正常ですが、スムーズさに欠けます。

これは、股関節唇症の場合もありますが、その場合は仙腸関節の治療では改善しませんので、逆説的にそれではないと診断ができます。

患者さんも、車の乗り降りで、そけい部の痛みが有ると新たに言われます。

瘀血に対する吸角療法を行いました。

そうすると、ほぼ症状が消失しました。少しだけ、股関節の引っかかりはありますが痛みはありません。

再び仙腸関節の可動性に引っかかりは出ますから、何回かの治療は必要となります。

1回の治療で劇的に改善する場合も多いですが、殆どの症状は数回の治療は必要です。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。