お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

村上宥快和尚さん説法「夫婦の条件」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

夫婦の条件

次元の異なる世界とは、意識オープンの世界です。精妙さが違ってきます。

この世は、物質とエネルギーが共存しています。

なぜ、共存をして魂の修行に出てくるかというと、あの世では自分の心も人の心も丸出しなのです。

ストリップよりもまだ酷いのです。自分の心開けっぱなしです。今、何を考えたのか全てわかっていまします。

あの世では羞恥心も何も効かないのです。ですから、あの世では自分が意識で思ったことは、この世の実際に行ったことと同じなのです。だから嘘をつけないのです。

この世では、私たちは意識が肉体に乗っているために、他からわからないから、嘘でもホラでも自由勝手につきますが、あの世に還るとそうはいきません。だから魂の修行ができないのです。

私たちはあの世で取り決めたことを、この世に出てくると、「こんなはずではなかった。」と、離婚をしたりしますが、自分が選んだ相手なのです。

あの世では、「私はこの人と現象界に出てきて魂の修行をします。」と言っているのです。

そうして、この世へ出てきて、10%(一割)の意識で生活をするので、「こんな人間と一緒になるのではなかった。」と言うのです。

本当は自分の魂を修行するには、あの世の意識オープンの世界で、最も良い相手として夫婦というものを選んだのです。

「この人と一緒になれば、自分の欠点や何かというものは、倍加されてくるだろう。」私たちは、そういう条件のもとに、あの世から出てきているのです。

でも、自身の感情や、知性、理性、本能という条件の中で、偏ったものの考え方をするので、「こんなはずではなかった。」「あんなはずではなかった。」となるわけです。

ことさら芸能の人びとは、一つのドラマだと思っているのです。ドラマではなくて魂の修行なのです。

だから俳優や女優が、引っ付いたり離れたりしているのです。彼女彼らの考え方は、本音と建前が違うのです。

それはどうしてかというと、自分の我意を張り出すと不調和になるのです。

こうして見ると、この世に何をしに出てきたのかという条件も、わからなくなっているのです。

本当は赤裸な90%(九割)の世界で、一番良いと思って選んできた夫婦なのです。

この世に出てくると、心の心底までお互いに見ることができないので、離婚という話が持ち上がってくるのです。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。