お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

村上宥快和尚さん説法 「光子体」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

光子体

私たちの意識体を光子体といいます。

光というエネルギー体です。物質も光です。肉体も光です。ただ三次元の光でしかないのです。

それは、肉体を作り上げている物質は、プラスの電子とマイナスの電子なのです。プロトン(陽子)、ニュートロン(中性子)の塊なのです。これも光なのです。三次元の光です。

地上界は、四次元以上の意識の光子体と、肉体が共存しあい、神のエネルギーにより体験をしていく世界なのです。

人間は無関心で生活をしていますが、肉体の存続も意識の存続も、神の意識という無限の恵みがあるから、私たちは魂の修行ができるのです。

春夏秋冬があるのも、慈悲と愛の環境でありますし、親というあの世で仕組んだ条件、夫婦という条件、全て次元の越えた世界において仕組まれた条件で、神様の慈悲や愛があればこそ、私たちがこの世に出てくるのです。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。鍼灸師、柔道整復師の国家資格にて治療を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。