お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

なかなか治らない頭皮湿疹には椿油が効果的だった体験

頭皮湿疹はなかなか治らないです。

掻きすぎて頭髪を痛めている人もいます。

市販のお薬、お医者さんのお薬、色々試すと一時は改善しますが、調子良いなと思っていると又出てきます。

方法

椿油を使用します。派生商品は今回の目的には不要です。

おすすめは
【椿油100% 大島椿】大島椿株式会社 公式サイト http://www.oshimatsubaki.co.jp/index.html

まず、椿油で頭皮のオイルクレンジングを行います。

これは頭皮の皮脂をしっかり落とすので、行う間隔は、ご自分の頭皮の脂分と相談しながら使います。

詳しくは商品の説明書に
www.oshimatsubaki.co.jp/customer/pdf/torisetu_oshimatsubaki.pdf

頭皮ターンオーバー(新陳代謝)が改善される

頭をシャンプーした後に、リンスとして椿油を使用します。

男性は、お湯を張った桶に、1から3滴垂らしてリンスとして使います。又は、直接手に椿油を付けて頭皮にすり込みます。

女性も男性用の方法でも良いし、オイルトリートメントやパックが良い場合もあります。

とくにカユいところに、直接多めに刷り込むと効果が出やすいです。

付ける量は、人それぞれなので色々試して下さい。

私はたっぷり使います。

ポイント

付けすぎるとべとつくはずですが、椿油はそうならずにしっとりします。

普段使いのリンスは少なくするか中止します。

かゆみが強い場所はお薬を塗って、その上に椿油をすり込む方法も効果的です。

だいたい1週間から1ヶ月の間に効果を感じられると思います。

お悩みの方は是非試して下さい。

 
表紙引用元:大島椿株式会社 公式サイト

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。