お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

加齢とは伸び縮みが適所に起こらなくなる状態 痛みやコリとは別問題

関節も緩み過ぎると痛みが出ます。

関節は支える場所なのでほぐれては困ります

ストレッチで関節の柔軟性を出すことは重要ですが、柔らかくなり過ぎると色々問題が起きます。

一番多いのが何となくだるい、力が入らないというものです。

体が硬いから調子が悪くなると言うのは短絡的です。

運動前のストレッチは悪いというのは最近分かってきたとこです。

痛みやコリはその場所が原因で無い場合が多くて

痛みやコリは辛い場所が原因では無い場合が多くて困ります。

殆どが関連痛です。

患者さんには分かりやすく説明はしますが、症状が改善されないと信じて貰えない場合が多いです。

私は魔法使いではありませんので、治るのが早いと言われても時間のかかる症状もあります。

例えば胸椎椎間関節機能異常による痛みの場所は

腕が痛い原因が胸椎の椎間関節の副運動の異常にあることが多いのです。

柔軟性は人それぞれです

柔軟性は人それぞれです。

柔らかい方がより良いという判断は間違いです。

何事も中庸が大切です。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。鍼灸師、柔道整復師の国家資格にて治療を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。