お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

母指CM関節症・STT関節症の53歳女性 治療で改善することを体験され今後の生活に希望が出てきました

神奈川県からお越し下さいました。

コロナ禍の中、移動を車か電車か思案されたそうですが、電車を利用し前日入りされ、治療は2日間の日程です。

来院までの状態

お仕事は看護師さんです。手を酷使されています。

今年に入り悪化し、5月に地元の整形外科、7月に手の外科専門医を受診しました。

両手の母指CM関節症と右手のSTT関節症との診断です。

MRIの結果、右手のSTTには水が溜まっていて、CM関節症は脱臼は進んでいない状態だそうです。

手術する段階ではないとのことですが、希望なら関節固定術になると言われたそうです。

来院時の状態

母指CM関節症は、グレード2相当で、変形が少しある程度です。

CM関節の痛みは、右>左ですが、左手がスワンネック変形しています。痛みの少ない方が変形しているは不明です。

MRIでSTT関節に水が溜まっているとの事ですが、皮膚上からは軽度の腫れがあります。STT関節は代償性で悪化していますから、CM関節が安定するば消退すると思われます。

股関節の可動性は、やはり右>左で制限が少しあります。頚椎は可動性が少ない傾向です。地元ではストレートネックと言われているそうです。歪みはありません。

治療

当院規定の治療を行います。保険外治療となります。

現在、治療で自律神経の調節が可能になりましたので、これにより、患者さんの痛みに対する耐性が上がり、より良い状態を作り出せるようになりました。

自律神経の調整が必要なのは、患部が慢性状態(交感神経の興奮状態)になると、軽い痛みでも余計に痛く感じる脳の反応があるからなのです。

手術をして当初は痛みが無くなっているが、再び痛みが出現するのは交感神経の害に他なりません。

治療内容

1回で最大限の治療効果を出すために、これだけの治療が必要になります。

  • 母指CM関節自体の抗炎症
  • 損傷した組織修復
  • 外側脊髄視床路への神経促通
  • 関連する脊椎椎間関節や仙腸関節の副運動の可動性回復
  • 新しく開発した腸腰筋治療
  • 骨盤と肋骨の動的可動性の回復と立位体幹軸の修正
  • 患部の悪玉活性酸素除去
  • 患部の血流改善と上肢筋群の筋力向上
     

  • 独自サポーターの巻き方の習得

  • 自己チクチク法の習得
  • 正しい村坂ストレッチ法の習得

使用する治療法

  • 低周波通電/微弱電気通電
  • 特殊電気鍼治療(独自開発)
  • チクチク療法(長田式無血刺絡療法)
  • 解剖運動学に基づく矯正法
  • 村坂腸腰筋療法(仮)
  • パーマー式カイロプラクティック
  • アクティベーター療法
  • リアライン療法
  • 高濃度人工水素水浴
  • 加圧リハビリ(医療目的加圧トレーニング)

チクチク療法だけ痛みを伴います。

経過

初日

股関節の開排運動も正常になり、頚椎の可動性も回復しました。

両手母指CMの状態も良くなりましたが、右手は無理をすると痛みが出やすいです。

2日目

初日の治療後、ホテルに到着後にペットボトルの蓋を開けられたそうです。サポーターを巻いていますがたいへん喜ばれました。2回目の挑戦は痛みが出たそうです。

左手のスワンネック変形も消失しています。

患者さんは、当院特製サポーターの効果に驚かれています。

村坂ストレッチ法もサポーターを装着し行うと関節面の矯正が行われ痛みが少なく実施できます。

感想

自己リハビリを2日間に渡り勉強されましたので、今後は自信を持って生活ができます。

やはり50歳代は治療効果が出やすいと考えますが、何歳になっても、変形が進んでも、関節の状態を正常へ持って行くと体は変化し、今までの痛みが減るのは確かなので、最後まであきらめないようにして下さい。

患者さんは、2日の治療終了後に「これで今後の生活に自信が持てます!」と言われました。

関連痛の存在、改変引用:Dermatome (anatomy) – Wikipedia

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。