お薬を使わない手技療法のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

加圧トレーニングの有効性 NHK Medical Frontiers で放送されました

放送内容です。2018年に放送されました。

Muscles to the Rescue

October 30, 2018

We usually exercise our muscles for better strength and fitness. In Japan, researchers have found that working muscles can also help treat or prevent a wide range of illnesses. 2 effective methods are in use at Japanese medical facilities. One, called slow training, has the same impact on muscles as a hard workout, and helps patients with diabetes control their blood-sugar levels. The other method, called “kaatsu training”, has proven helpful in rehabilitation, even for patients weakened by illness. We also introduce simple exercise for extending the core muscles.

救済する筋肉

機械翻訳
2018年10月18日
解説は石井直方教授(東京大学名誉教授)

私たちは普段から筋力アップや体力向上のために筋肉を鍛えています。
日本では、筋肉を働かせることで様々な病気の治療や予防にも役立つことが研究者によって明らかにされています。
日本の医療機関では、2つの効果的な方法が採用されています。
1つは「スロートレーニング」と呼ばれる方法で、ハードな運動と同じように筋肉に効果があり、糖尿病患者の血糖値のコントロールに役立ちます。
もう一つは「加圧トレーニング」と呼ばれる方法で、病気で弱った患者さんでもリハビリに役立つことがわかっています。
また、体幹の筋肉を伸ばす簡単なエクササイズも紹介しています。

動画

この記事を書いた人

Avatar photo

村坂 克之

小又接骨院院長です。柔道整復師、鍼灸師の国家資格にて施術を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。