飛騨の難所「宮峠」にトンネルが開通します!これで下呂との時間も短縮できて冬も安全に通行できます

真冬、どれだけ気をつけていても、しょっちゅうスリップ事故が起きていましたし、運転しててもズリッと滑るのは日常です。

これで、冬でも安全に通行できます。開通するとのお知らせがあり本当にうれしいですね。

田舎はインフラ第一に考えて頂かないと生活ができません。

高山国道事務所の発表(全5ページ)

r02_1106

残りは濃飛横断自動車道

早期に全線開通を期待します。郡上手前の連続カーブがいまだに難所です。カーブに不慣れな人はビビると思います。

開通すれば、災害時でも回り道することが減ると思います。

濃飛横断自動車道(和良・下呂間)開通 – 岐阜県公式ホームページ(道路建設課)

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。