結果を出す手技療法のパイオニア

ギックリ背中の60代男性 耳への刺激(耳針)が効きました

患者さんを診て何を実施するのか術者の腕の見せ所です。これが効果の善し悪しを分けます。

患者さんはゴルフの上級プレーヤーです。競技も出場できる実力なのにと聞けば、気楽なゴルフが1番良いよと言われます。

症状

ギックリ背中です。

ゴルファーの宿命でもあります。腰を痛めるか背中を痛めるかです。

呼吸をしても痛いと、骨にヒビでも入っているのではと言われます(笑´∀`)

この症状になると胸椎椎間関節を痛めている証拠です。そこへの施術をしないと効果が上がりません。

施術

脊柱起立筋の過緊張もありましたので、今後の体調も考えて高周波通電を行います。2割程度改善しました。

2割だけの改善ですが高周波は筋肉の柔軟性を回復させるので素晴らしい効果があります。

2回目、微弱電流マイクロカレント通電とソマニクス®で半減しました。

3回目、残りの症状に対して耳針を行い完治しました。

耳針

耳針は即効性がありますが、ポイントに当たらないと全く効きません。

当院では取れきれない症状に対して耳針を行います。

今回も神門と胸椎に反応がありましたので実施しました。日本人には金粒や王不留行の種で十分効果が発揮できます。

戦場鍼としてくさび形のASP鍼は、皮膚が薄く柔らかい日本人には不要と感じています。

耳針ダイエットは食事制限が実態なので騙されないようにして下さい。

当院実施例でも、多少の満腹中枢を刺激しますが人間の食欲はそれを上回る事がほとんどです。

この記事を書いた人

アバター画像

村坂 克之

小又接骨院・鍼灸院の院長です。柔道整復師、鍼灸師の国家資格にて施術を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。親指シフトユーザー。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。