お寿司屋さんに減塩醤油が用意されていてました 味覚は年齢と共に鈍くなるので健康に良いことだと思います

お寿司屋さんで、減塩醤油が置いてありました。

板前さんが「減塩は美味しくないでしょう!」と言われます。もっともです。

確かに普通の醤油に比べれば醤油自体の旨さは落ちると思いますが、寿司の素材の味は存分に分かります。

味覚は年齢と共に鈍くなるので、段々、塩味の強いものが美味しいと感じるようになります。

今回は全て減塩醤油で食べましたが、ヒゲタしょうゆの「減塩しょうゆ本膳」は意外に美味しかったです。

ガンになるのは、交通事故と同じでいつかかるのかは分かりませんが、血圧とコレステロールはお薬でコントロールすることができますから、長寿社会では必須になります。

自宅では減塩が血圧に関して一番効果的です。

年齢と共に塩味に鈍感になり、食塩の摂取量は増えていますから、今一度見直すと良いです。

胃癌に関してはピロリ菌が原因と判明していますから、家系で胃癌が多かったり心配な人は検査をおすすめします。

高血圧でも直ちに体調へ影響は出にくいそうですが、80歳前後からの体調には多大なる影響があるとの事です。やはり下げておくことが一番です。

スエーデンの直近の研究では、血圧とコレステロールをコントロールした方が認知症になりにくいという大規模調査結果が出たそうなので、血圧とコレステロールの管理は本当に大切です。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。