お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

禁煙を成功するには・3 禁煙補助

私は、結局、この禁煙補助剤を使っても止められませんでした。

根性で禁煙する時代は終わりました(^_^)

現在は、チャンピックスという飲み薬で、喫煙への渇望を減少させるお薬も発売されています。でも、私は試したことが無いので言及できません(^_^;

チャンピックス http://sugu-kinen.jp/

保険治療期間が三ヶ月なので、再喫煙予防のためにヘビースモーカーの人は六ヶ月と指導される先生もおられます。ただし、後半三ヶ月は自費となります。知人一人は大成功しました、現在も禁煙中。もう一人は副作用が出て中止されました。喫煙中です。残念。

当時、チャンピックスは発売されていませんでしたので、私は、まずこの方法でチャレンジしました。

ニコレット http://www.nicorette.com.au/products ガム・パッチ・トローチ・インへラー(たばこタイプ吸引)・ミスト(スプレー吸引)、が世界では発売されています。

日本では、ガムとパッチのみ発売されています。
ニコレット ガム  http://www.nicorette-j.com/
ニコチネル パッチ http://www.nicotinell.jp/p_otc/p_product/patch.html

私は当時発売されていたのを全部使用しました。日本未発売は個人輸入しました。

ガム
最初に使用しました。こりゃすごいと思いましたが、しばらく使用すると必ず口内炎が出来ました。使用した知人は口内炎が出来て中止しました。接客業の人は使えないですね、ガムをくちゃくちゃでは。

パッチ
二番目に使用しました。私の頃は医師の受診が必要でした。貼った当日から喫煙願望は全く無くなりました。おどろきました。しかし、当日の夜から悪夢にうなされるようになりました。悪夢も出なくなった頃にプログラムが終わりました。パッチのニコチン量が減ったら、吸いたくなって来たので、私には8週間は早すぎたのだと思います。

インへラー(たばこタイプ吸引)
インへラーは私には合っていました。タバコのように使えて、何時でも吸えるので重宝しました。結局、タバコのように習慣になってきました。今、流行っている電子タバコの一種(ニコチン入り)と考えて良いと思います。これが一番使えました。

マイクロタブ(舌下錠)
ニコチン入りの錠剤です。舌下に置いて少しずつ溶かして効果が出ます。これはガムと一緒です。

ミストとトローチは当時は未発売にて試していません。

結局、毎月のお金が結構かかります。昔はタバコの方が安く済みましたので、禁煙にチャレンジする人も少なかったと思います。

禁煙は、補助薬を使っても本人の自覚が無ければ成功しません。

 

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。