お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

PCリモートソフト NTT東日本-IPA「シン・テレワークシステム」を使ってみました 仮想マルチディスプレイ機能や2段階認証が素晴らしい 現在無料Windowsのみ

独立行政法人情報処理推進機構(以下、IPA)とNTT東日本が、IPA「シン・テレワークシステム」(新型コロナウイルス対策実証実験)を提供しています。

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

開発元

ソフトイーサ Web サイト – ソフトイーサ Web サイト

天才プログラマーの登大遊さんです。

実証実験が延長されました

当初は 2020 年 10 月 31 日まで実証実験を継続する予定でしたが、国の「新型コロナウイルス感染症専門家会議」の提言を受け、当面の間、延長をしたいと考えています。

とアナウンスされました。

やったー! HEROES/ヒーローズのヒロ・ナカムラ風

「シン・テレワークシステム」

NTT東日本-IPA「シン・テレワークシステム」(新型コロナウイルス対策実証実験)|法人のお客さま|NTT東日本

個人でも使えます。

これはWindows専用です。MACやchromeBook用はブラウザで対応しています。

NTT 東日本 – IPA 「シン・テレワークシステム」 – 2021/08/05 HTML5 版 Web クライアントの公開について

サーバー側(リモートされる)

クライアント側(リモートする)

良い点

総合的にキビキビ動きます。国産なので安心です。

残念な点

リモートされる側のPCの音量が毎回最大になります。Microsoftのリモートデスクトップも同じ症状になります。

リモートアクセスの安全性が重要です

企業でも個人でもリモートを使わないのは、安全性が担保されないからで、このような認証を設定すれば、ほぼ悪意のある第三者はアクセスできないと思います。

アクセス履歴も残るのが素晴らしいです。

クライアント検疫機能

クライアント検疫機能 (アンチウイルスおよび Windows Update 適用検査機能)があり、クライアントが古いバージョンやウイルス対策がなされていないとアクセスできません。

引用:NTT 東日本 – IPA 「シン・テレワークシステム」

二要素認証・ワンタイムパスワード (OTP) 機能

2段階認証は、認証を他のデバイスでするもので、この場合はスマホなどで認証しますから、悪意のある第三者がアクセスしにくくなっています。

アクセス画面がワンタイムなので、犬(ワン)と時計(タイム)で親父ギャグです💦

引用:NTT 東日本 – IPA 「シン・テレワークシステム」

実際のパスワード画面
2段階認証を通過して、通常のパスワードの入力も必要になります。

クライアント MAC アドレス認証機能

MACアドレスは、LANポートに当てられる固有のナンバーです。よって、サーバーからMACアドレスを登録しておけば、他のPCからアクセスできません。

引用:NTT 東日本 – IPA 「シン・テレワークシステム」

マイナンバーカードを用いたユーザー認証機能

固有証明書認証として使用できます。

引用:NTT 東日本 – IPA 「シン・テレワークシステム」

仮想マルチディスプレイ機能

一番驚いたのが、リモートされる側のPCが一つのディスプレイでも、リモートする側がマルチディスプレイだとマルチで操作できることです。信じられないし、凄く使いやすいです。

私はこの機能が一番気に入っています。

引用:NTT 東日本 – IPA 「シン・テレワークシステム」

行政や企業の高度のセキュリティ対策は

NTT 東日本 – IPA 「シン・テレワークシステム」 – 行政情報システム適合モード (中継システムの IP 範囲の限定)

NTT 東日本 – IPA 「シン・テレワークシステム」 – エンタープライズ環境用ポリシー規制サーバー機能

NTT 東日本 – IPA 「シン・テレワークシステム」 – 組織による本システムの利用規制申請

「テレワーク作業向上を目的としたユーザー・エクスペリエンス機能」が楽しい

「テレワーク開始前のリラックス・モード」

1990年代にパソコンをモデムで繋いだ人は懐かしいです。ピーヒャラャーと音がします。スピーカーをオンにしないと聞けません。ワクワクした昔を思い出します。

「お疲れ様でした画面」機能

日本らしい画面で癒やされます。

引用:NTT 東日本 – IPA 「シン・テレワークシステム」

安全性も担保され国産ですから安心して使えます。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。