お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

老眼世代のノートパソコンは13インチ以上だと快適です。携帯性を優先してはダメです!

早い人で40代前半、遅くても50代後半には老眼が出て来ます。

老眼になると

40代で始まる目の老化 | 目についての健康情報 | 公益社団法人日本眼科医会

集中してる間は感じませんが、終わった後にぐっと疲れます。

今まで、そんなことは感じませんでしたが、一昨年から富に感じるようなってきました。

頑張れば細かい文字でも読めますが、知らず知らず疲れてきます。

書き物も手元にピントが合わないと下手になってきました。

朝と夜の見え具合が、コンディションで変わるのです。

私は、遠近、中近、パソコン専用、運転専用と眼鏡を使い分けています。

小さい画面のノート

小さい画面に情報量を増やすには、文字を小さくするしか方法がありません。

Windowsですと、デスクトップのカスタマイズ、Macですと、システム環境設定のディスプレイで、それぞれ変更は可能ですが、本来の性能を発揮できなくなります。

12インチと13インチの違い

Let’s noteの12インチ

Let’s note CF-NX1
http://panasonic.jp/pc/p-db/CF-NX1GEADR.html
12.1型ワイド(16:9)HD+ TFTカラー液晶 (1600 x 900ドット):約1677万色

CF-NX1は12インチで大変細かい表示です。

マシンパワーもあって、これ1台で何でもこなせます。

私はSSD256G、メモリ12Gに増設して使用しています。

ただ、長時間の作業では眼が辛くなってきました。

1428108732363
 

MacBook Proの13インチ

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Mid 2014)
http://www.apple.com/jp/macbook-pro/
Retinaディスプレイ:IPSテクノロジー搭載13.3インチ(対角)LEDバックライトディスプレイ、2,560 x 1,600ピクセル解像度、227 ppi、数百万色以上対応

去年、ものくろさんに相談して購入した初めてのMacです。
ものくろぼっくす

表示領域も広くなり、Retinaディスプレイが素晴らしいです。

スクリーンショット 2016-02-16 12.33.24

フォントも大切

最近になって気づきましたが、フォントの違いが日常作業のストレスの違いがあるようです。

Windowsの場合はメイリオに変更すると使いやすくなりますが、Windows10の「游ゴシック」は見えにくいです。

フォントに関してはMacの方が一日の長があります。

Retinaディスプレイも一役買っていまして、文字の見え方が違います。

中高年には

全く老眼鏡を必要としない患者さんもおられますが、まれです。

眼の負担は想像以上なので、携帯性より作業のしやすさを優先しましょう。

荷物が大きくなれば、手持ちは大変なのでコロコロ(キャリーケース)を引きましょう!

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。