Windows10ウイルス対策 Windows Defender(標準)とDeP HE(ハミングヘッズ社)で完璧と考えています

Windows10ウイルス対策 標準装備のWindows Defender で十分です。

他社のウイルス対策は不要と考えています。

意外なのは、パソコンソフトのウイルス感染は、操作した人のミスが大半を占めています。

Windows Defender

Windowsに標準で入っているウイルス対策ソフトです。

ディフェンスプラットフォーム ホームエディション(DeP HE)

後は、割込み型迎撃(インターセプト)方式、未知のウイルス、なりすまし、をいかに防ぐかになります。

無料バージョンで十分です。

動作も軽快です。

気になる点

何日か使用しました。

Google Chromeだと、ブラウザの動きがモッサリします。うーん、使いにくいです。メーカーに事象報告をしましたので、改善するかもしれません。

サポートからの返事

以下の確認と非監視に設定したら直りました。

私の場合は、C:\Program Files (x86)\Auslogics\BoostSpeed\BoostSpeed.exe でした。

(1)DeP HEのバージョンアップ
DePグランドメニューの[バージョンアップ履歴]-[今すぐアップデート]から
DeP HEのバージョンアップをして事象が改善するかお試し頂けますでしょうか。

(2)ユーティリティソフト等の非監視設定
DePグランドメニューの[設定]-[非監視アプリケーションの設定]からユーティリティソフトや
他のウイルス対策ソフトのアプリケーションを登録して事象が改善するかお試し頂けますでしょうか。
なお、インストールフォルダ全体を非監視設定する場合は正規表現をご使用ください。

設定

最初は少し手間がかかります。

インストール後に再起動すると、全てのプログラムや動作にチェックが入ります。

手作業でホワイトリストに登録が必要になります。

後の再起動でも出てきたり、何かの作業の時に判断するべくポップアップメニューが出てきます。

凄いのは、知られた問題無いプログラムは左側にアドバイスが出て判断しやすくなっています。

これで大丈夫だと思います。

自分が感染するだけならまだしも、踏み台にされて感染を拡大するのが怖いのです。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。