お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

頚椎の治療 顎のかみ合わせが正常に 片噛みのクセが治った症例

片噛みのクセ

殆どの人が片噛みの癖があります。
頸部の治療をして異常があれば、片噛みの癖が無いか質問します。

首肩が調子が悪い人は、片噛みの癖が無いかセルフチェックして下さい。

意外に気がつかずに片噛みをしている人も多いです。
この症例のように頚椎由来の場合は、本人が治したくても治らない場合を経験します。

 

片噛みを続けると

顎がだんだん歪んできます。片噛みの反対側へ歪みます。

成長期のお子さんをお持ちの親御さんは、片噛みをしていないかチェックしてやってください。クチャクチャして食べる原因も顎にもあります。

原因の一つに、肘をテーブルに着いて食事したりすると、顎の歪みを誘発します。
お行儀がこんなことに影響するとは驚かれると思います。

 

自分で直すには

大人になっても、片噛みを自力で直せば、顎の歪みもほぼ正常になります。
お勧めの方法は、毎回、苦手な方から先に噛んで食べると良いです。当分意識して食べましょう。

 

顎関節症

顎関節症も奇形など無ければ頚椎が原因です。
当院では頚椎の動きを治すことにより、殆どの症例が治ります。
顎の半月板の異常と指摘されることもあると思いますが、これは二次的な原因です。

 

歯の状態

歯の状態は大切です。
歯医者が嫌いで、むし歯の治療を受けていなくて、歯が欠けていたダメです。部分入れ歯を作りましょう。

歯が無いまま放置すると、どんどん歯のすき間が広がり取り返しが付かなくなります。

歯槽膿漏で歯がぐらついたりして、ある程度の硬さの物が噛めないとダメです。痛みがある場合は治療しましょう。

 
引用元:BioDigital Human: Explore the Body in 3D!

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
標準治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
医療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。