お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

関節リウマチ(RA)の患者さん、日々の痛みには外側脊髄視床路への忌避刺激が凄く効果的です

関節リウマチ(RA)は抗リウマチ薬が発売されてからは、予後が悪くなる人が減って、お薬も凄いと感心します。

病態

関節リウマチの正確な原因は不明です。自己免疫疾患であると考えられています。

関節リウマチ(RA) – 08. 骨、関節、筋肉の病気 – MSDマニュアル家庭版

治療

当然、医師の治療を受けられています。たとえ痛みが消退してもお薬を止めるのは危険です。

忌避刺激治療

長田式無血刺絡療法と言います。チクチク療法とも言います。この治療は痛みを伴います。

治療の刺激により、外側脊髄視床路の痛覚をコントロールします。簡単に言うと嫌なもの反射です。

非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)などを多用しなくても痛みがコントロールできるので素晴らしいと考えます。

70歳代後半女性

この治療をすると3日間は無痛になるそうです。CRPも下がりました。

40歳代女性

発病して1年くらいですが、外傷などの痛みも直ぐ消退します。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。