お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

中学生の骨盤裂離骨折、運動休止と痛み止めのお薬で早期に治ります、診断が大切です

中学生、高校生の運動するお子さんに、腱が付着する場所の骨が未発達で脆弱性があると発症する疾患です。

頻度は低く、運動過多でも発症はしません。

昔から多いです。剥離(はくり)骨折とも言います。

来院

ASIS(上前腸骨棘)の痛みで来院されました。

通常は、腱付着部炎なので当院規定の治療を行えば治癒します。

当院の治療では、治療前よりパフォーマンスは向上する場合が多いです。

2回治療しましたが、全く変化がありません。今まで臨床経験からはあり得ません。

この場合は骨盤裂離骨折を疑いますから整形外科をご紹介しました。

整形外科で

レントゲン検査の結果、骨盤裂離骨折との診断です。

運動休止と痛み止めのお薬で順調に改善し、試合に出場できました。

めでたし。

診断の大切と癒合後の痛み(違和感)

腱付着部炎との診断が大切です。

腱付着部炎の場合は当院の治療が奏効しますが、裂離骨折は痛み止めのお薬を飲んだり貼り薬のが早く治ります。

ただし、骨癒合しても違和感が継続することが多く、その場合は当院で治療した方が良いと考えています。

殆どの症例に仙腸関節の機能異常を発見します。

逆説的に考えるには、その機能異常があるから裂離骨折を誘発していると思います。

 

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。