お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

【杉原千畝を称えて】本日のGoogleDoodle 諸国民の中の正義の人 終戦74年目の夏

本日の GoogleDoodle は杉原千畝さんです。

GoogleDoodle

杉原千畝を称えて

この Doodle の表示地域は(西から)、カナダ、アイスランド、アイルランド、イギリス、ドイツ、ポーランド、チェコ、リトアニア、ラトビア、イスラエル、台湾、日本です。

機械翻訳です

“There was no other way,” said Japanese diplomat Chiune Sugihara, who was stationed in Lithuania shortly before the outbreak of World War II. On this day in 1939, Sugihara began issuing transit visas to thousands of Jewish refugees, defying direct orders from his supervisors to help the refugees escape via Japan.
戦前リトアニアに駐在していた日本の杉原千畝外交官は「他に方法はありませんでした」と話していたが、1939年のこの日、局長の指示を無視し、数千人のユダヤ人難民にトランジットビザを発給した。

“I told the Ministry of Foreign Affairs it was a matter of humanity,” he recalled years later. “I did not care if I lost my job.”
「私は外務省に、それは人類の問題だと言いました。」と彼は数年後に思い出した。「私は失業しても気にしなかった。」

Soon after Jewish families began lining up outside his official residence, pleading for documents to allow them safe passage via Japan to the Dutch island of Curacao, he sent three messages to Tokyo requesting permission, all of which was forcefully rejected. “Absolutely not to be issued any traveler not holding firm end visa with guaranteed departure ex Japan,” read the cable from the foreign ministry. “No exceptions.”
日本を経由してオランダ領キュラソー島に入るために、ユダヤ人家族が公邸の外に列を作り、書類を求め始めた直後、彼は日本に3通の許可を求めるメッセージを送ったが、すべて強制的に拒否された。外務省からの公電によると、「日本からの出発が保証された、確定的な終了ビザを持っていない旅行者には絶対に発行しないでください。」という。「例外はありません。」

After much soul-searching, Sugihara threw caution to the winds, writing thousands of visas night and day until “my fingers were calloused and every joint from my wrist to my shoulder ached.” His wife supported his risky decision, massaging his tired hands each night so he could keep going until the last minutes of his train leaving Lithuania, handing out visas to Jews from the windows.
何度も深く考えた末、杉原さんは風に用心し、「指にたこができて、手首から肩までの関節が痛む」まで何千ものビザを昼夜を問わず書き続けた。妻は彼の危険な決断を支え、毎晩疲れた手をマッサージしながら、窓からユダヤ人にビザを渡しながらリトアニアを出発する列車の最後の数分まで行き続けることができた。

Upon returning to Japan, Sugihara paid the price for disobeying orders. His promising foreign service career came to an end, and he struggled to support his family. He received little recognition for his sacrifice until one of the people he saved, now an Israeli diplomat, managed to find him in 1968. A tree was planted in his honor at the Holocaust Memorial in Jerusalem, and Chiune Sugihara was declared “Righteous Among Nations.” Memorials in Lithuania and his hometown of Yaotsu, Japan pay tribute to Sugihara and his heroic endeavors that saved untold thousands of lives.
杉原は帰国後、命令に背いた代価を支払った。前途有望な外交官生活が終わり、家族を養うのに苦労した。1968年、ホロコースト記念碑にツリーが植樹され、杉原千畝が「諸国民の中の正義の人」とされるまで、杉原とその故郷八百津で、多くの人々の命を救った杉原の武勇に敬意を表した。

諸国民の中の正義の人です

ナチス・ドイツによるユダヤ人絶滅、すなわちホロコーストから自らの生命の危険を冒してまでユダヤ人を守った非ユダヤ人の人々を表す称号を授与されています。

【諸国民の中の正義の人】
ヘブライ語:חסידי אומות העולם, Khasidei Umot HaOlam
英語:Righteous among the Nations

杉原千畝記念館(岐阜県八百津町やおつちょう)

杉原千畝記念館

Yad Vashem(イスラエル国立ホロコースト追悼記念館)

ヤド・ヴァシェム(ヘブライ語とイディッシュ語:יד ושם Yad Vashem)は、ナチス・ドイツによるユダヤ人大虐殺(ホロコースト)の犠牲者達を追悼するためのイスラエルの国立記念館である。イスラエルの首都エルサレムのヘルツルの丘にある。

杉原千畝さん、Yad Vashemの記事

表紙引用:Today’s Doodle was created by Doodler Matthew Cruickshank.Ye Crooked Legge

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。