お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

肘部管症候群で手が痺れる場合は早急に手術されることを強く勧めます

近年、男性も長生きになりこの病状も増えてきました。

最近の症例

77歳男性、過去頚椎疾患で手術、手のしびれで来院されました。

神経反射テストは正常でしたが、肘部管症候群を疑いXX大学病院で検査、診断確定されました。

お薬を処方されましたが、患者さんは物が握りにくいのとしびれを訴えられ、手術を希望する旨を言うように進言しました。

手術が決定され実施し、無事手のしびれが段々無くなりました。

しかし、まだ痛いとの事で診たら、上腕骨内側上顆炎もあり治療中です。

世界標準のメルクマニュアルには

起きた症状を遅発性尺骨神経麻痺とも言います。

肘部管症候群 – 08. 骨、関節、筋肉の病気 – MSDマニュアル家庭版

患者さん側からは、筋肉が痩せてきている実感の判断が難しいです。

物理療法(電気治療)は無効です

物理療法で様子を見る場合もありますが、殆どが無効です。

鍼や整骨の治療法でも無効です。

直ちに手術されることを

筋肉が一旦痩せると、例え神経の圧迫が解除されても、元に戻りにくいです。

よって、しびれが感じて治らないようなら、手術をお勧めします。

分かりやすい症状としては、車や家の鍵などを回しにくくなります。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。