高濃度人工水素水足浴が高齢者の打撲による内出血に驚くほどの効果が出た例

高濃度水素水浴の効果は、統計は取っていませんが、感覚的には実感しています。

転倒して膝を強打して

高齢者の場合は、膝蓋骨不全骨折になる場合が多いのですが、幸いに打撲だけで済みました。

しかし、内出血で膝が真っ青です。

高濃度水素水足浴を実施

ケガをした当日に来院されましたが、以前、他の症状で水素水が大変効果があったので、患者さんからやって欲しいとリクエストがありました。

一日おきに3回実施しました。

1ヶ月はかかるはずが

内出血が引くまでは1ヶ月はかかるところですが、1週間で劇的に消退しています。半減です。

内出血が血腫になると、なかなか治らなくなるので素晴らしい結果です。

有効な症例として記録します。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。