高齢者の注意散漫な運転で事故に巻き込まれそうに、認知症の発見も兼ねて家族の対策を提案します

この様が事がある度に、心臓が口から飛び出そうになります。

そのな日の運転は特に要注意を心がけています。(二度あることは三度ある)

快晴で視界良好の日

ドライブ日和というか、本当に清々しい紀行の日です。

交差点で右折車線にはいったら

お店の駐車場から急に車道に出てきました。

見ていたので出てくるかもとは思っていたのでブレーキは間に合いました。古い車なので自動停止装置は付いていません。

家内も見ていたのですが、真っ直ぐ脇目もふらずに直進されます。なんか変です。高齢の男性でした。

大丈夫だったので、その車の行き先を目で追いますと、何事も無かったように目的の場所へ行くようです。

今までも高齢者の運転は支持してますが

多分、距離感の感覚が段々衰えて来ているのだと思います。渡れると思って車道に出てきたのですが、大変危険です。

ひょっとしたら、初期の認知症かも知れません。

こちらの防衛対策は

交差点、店舗の前は要注意です。

高齢者の人へ、おすすめする対策は

左右確認を二度お願いします! 

もたもたしますが安全第一です。

左折優先運転をおすすめします。

自転車の巻き込みの注意が必要ですが、高齢者は右折が苦手な人が多いので、左折優先で往復できるように道順を変えると良いです。

ご家族の対策としては

高齢のご家族の運転は心配だと思います。免許を取り上げるのは簡単です。

その人の行く場所は決まっていますから、是非、同乗されて道順の確認を改めて行うと良いです。

もしも、認知症の初期の場合は、

いつもの目的地への運転が少し迷ったり、駐車場所がちょっと分からなくなる、

などの些細な確認から発見されることがあります。(ご家族が認知症になられた経緯から聞き取り情報です)

そう言えば、あの時は少しおかしかったと皆さん言われます。

早く見つけられれば、お薬で進行は遅らせることは可能です。

 
表紙:ECLIPSE ドライブレコーダーDREC3000画像
ドライブレコーダー|富士通テンのカーナビ ECLIPSE

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。