お薬を使わない手技治療のパイオニア|痛みやしびれを早く治す治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

両手がしびれる67歳男性、忌避刺激治療(長田式無血刺絡療法)を用い1度の治療でしびれが30%まで軽減しました

起床時に両手がしびれると来院されました。

午後から夜に掛けては少なくなるけど無くなりはしないと言われます。

検査

  • コンプレッションテスト
    • スパーリング テスト(Spurling’s Test)
    • ジャクソン テスト(Jackson Compression Test)
    • 椎間孔圧迫テスト(Foraminal Compression Test)
  • 深部腱反射テスト
    • 上腕二頭筋反射、筋皮神経C5
    • 上腕三頭筋反射、橈骨神経C7
    • 腕撓骨筋反射、橈骨神経C6

を行いましたが異常は出ませんでした。神経根には問題はなさそうです。

手根管症候群でもありません。

しびれの領域

この問診が重要です。特定すると簡単に支配領域が分かります。

どこの施設でもおろそかにされていて、結局、レントゲンの診断に頼ることになっています。

患者さんは「C7.C8」の領域に一番しびれを訴えられます。

脊椎の触診

やはりC8領域に相応する頚椎7番の変位がありました。

当然、その椎骨の上下もおかしいです。対側に行くか同側に行くかは患者さんに依って違います。

今回は頚椎7.胸椎1.2でした。

治療

長田式無血刺絡療法=チクチク療法を行います。

少し痛みも感じますがあっという間に終了します。

翌日来院されたので、しびれの具合を尋ねたら30%まで減少したそうです。

その後2.3回来院され終了しました。

症状はゼロにはなりませんが、安定的治癒の状態と言えます。

 

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。