お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

村上宥快和尚さん説法「ノストラダムス」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

「ノストラダムス」

ノストラダムスという、今から四百年ほど前のフランスに生まれた人がいます。医師で作家でしたが、この人はモーゼの再来です。

数々の自然現象の中から体験して、1999年には、地球は大災害に見舞われるということを言っています。

しかし地球上は、心という問題でカバーしなければなりません。ノストラダムスは心の存在を理解されていますから、転生輪廻という条件のもと、私たちに警告しているのです。

私たちは人間の心の調和を土台として、ユートピア・仏国土を、地上界に建設する使命があるのです。今までの状態でしたならば、原子爆弾が横行して、生活を全部壊すことになってしまうのです。

しかし現在の人々の心は、自己保存やエゴの塊で神の心より遠く離れています。それでは、いつ、ノアの箱舟現象的な天変地異が起きても不思議ではないのです。

私たちには世代のカルマがあります。たとえ天変地異という艱難辛苦に会っても、勇気と智慧と努力を持って乗り越えなければいけないのです。

 

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。