お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

村上宥快和尚さん説法「阿弥陀如来はイエス・キリスト」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

「阿弥陀如来はイエス・キリスト」

聖徳太子、伝教大師、親鸞上人など日本に生まれた天使の方々がいます。

親鸞上人は、前世、転生輪廻の過程の中では、聖パウロです。また、阿弥陀如来はイエス・キリストのことです。

阿弥陀様を無量寿と呼んでいます。無量寿の意味は、私たちの永遠なる生命のことです。

阿弥陀如来=イエス・キリストが復活された条件は、私たちは無限の過去から生まれ変わることを実証しているのです。肉体は滅んでも意識は永遠であることを衆生に証明したのです。

阿弥陀如来の無量寿とは、全ての人々に当てはまるのです。大宇宙そのものが一つの生命体であるという原点に立ち、無量寿ということを説いたのです。

ところが現代では、ナンマンダブ、ナンマンダブとお経を上げています。

有り難いといって意味もわからず上げています。これは、インドの古い言葉で、「ナムー・アミー・ダボー」という意味なのです。

それが、中国へ渡り漢字を当てたのです。

阿弥とは神様ということです。阿弥陀仏ということは、「神様の心に到達された人に帰依をいたします」ということが南無阿弥陀仏なのです。

南無阿弥陀仏とは、私たちの心と無量寿という永遠の生命を教えた、阿弥陀如来に帰依をいたしますという意味なのです。

 

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。