結果を出す手技療法のパイオニア

村上宥快和尚さん説法「信心とは」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

信心とは

人間は誰でも調和や安らぎを求めていながら、その目的に到達するのは時間がかかりそうです。

私たちは無限の過去から人と人の間で争いや闘いによって、自己中心や自我我欲のままに生きてきた、自分の心を反省して悔い改めなければなりません。

私たち人間の心は神仏の心が根幹でつながっていますから、決して他人ではありません。

本来、人類の総ては兄弟なのです。

一人一人の心の根本は同じですが心が肉眼で見えないため、肉眼で見えない世界は無いと思っていますが大変間違っています。

般若心経には色即是空しきそくぜくうといって色とは肉体を指し、空とは心の世界ということです。

肉体生命はこの世限り五十年か百年ですが、心の生命は死ぬことも生れることもないと説かれている通り、永遠のものです。

永遠なる生命いのちを自覚することを信心といいます。その生命は反省して心の曇りを取り去ることです。

心の曇りを取り去れば心眼しんがんを開くことができます。心眼しんがんを開けばあの世心の世界が展開してきます。

この記事を書いた人

アバター画像

村坂 克之

小又接骨院・鍼灸院の院長です。鍼師、灸師、柔道整復師の国家資格にて施術を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。親指シフトユーザー。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。