お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

Windows Liveメールを別PCのOutlookへ移行作業、Windows10にするなら必須です

Windows10には、WindowsLiveメールが付属しません。今後も復活は無い模様です。

2019年は企業個人ともWindows10へ移行する必要がありますから、早急に対策を取るべきです。

ご存じですか? OS にはサポート期限があります! – Microsoft atLife

2020 年 1 月 14 日 には Windows 7 の延長サポートが終了します。

Windows10で使える主なメール

同じPCでの移行なら簡単なんですが、別PCへ移行なので苦戦しました。

Windows10メール

実は一種のブラウザです。

本当はOutlook.comのデータをメールとして表示しているだけです。

Outlook.comのアカウントが必要となります。

Outlook.com

無料です。
Outlook.com – Microsoft free personal email

Outlook.com (旧 Hotmail) に、以前のメールをアップロードする方法 – Microsoft atLife

ローカルディスクのメールをOutlook.comに移行 – パソコンりかばり堂本舗

今回はOutlook.comのアカウントが無いのでこの方法は使いません。

Thunderbird(サンダーバード)

個人的には使いやすいメールです。
Thunderbird — メールをもっと簡単に。 — Mozilla

Google Gmail

Google Gmail

Outlook2016(Office 365 Business)へ移行を実施

今回はOutlook2016(Office 365 Business)へ移行したので手順を公開します。

Office 365 Businessを契約していますので、Outlookは付いています。
Microsoft 公式 – Office 365 Business

こちらのページが大変参考になりました。

Windows Live Mailのデータ移行にフリーソフトMailStore Homeを使う

https://togeonet.co.jp/post-7310

作業工程
元PCのLiveメールバックアップ
Outlookファイル変換
別PCへデータ移行
Outlookで復元、表示名変更

Windowsliveメールのバックアップ

まず、Windows7のWindowsliveメールをバックアップします。

MailStore Home

ソフトはこれを使います。個人は無料ですが法人利用は有料です。
MailStore Home-フリーのメールアーカイブソフト-

手順はMailStore Homeに解説があります。

その前に、メール実データの場所の特定が必要になります。バージョンで違う場合がありますから適宜読み替えてください。

受診データはパソコンにある(POPの場合)

IMAPではなくPOPデータはクライアントに保存してあります。
121ware.com > サービス&サポート > Q&A > Q&A番号 012071

121ware.com > サービス&サポート > Q&A > Q&A番号 018822

メール移行ガイド|Windows Live メールからOutlook 2013に移行する – FMVサポート : 富士通パソコン

Windows 10 スタートガイド – FMVサポート : 富士通パソコン

重要ポイント!

同じパソコンにOutlookがインストールされていないとメールの形式変換がエラーが出で作業が進みません。

データ変換の前にOutlookをインストールします。ここで私はつまづきました。

Outlookのライセンスが旧PCに無い場合は、Office 365 Businessなら5台までインストールできます。

そうでないならOffice 365 Businessのアカウントを取得し無料期間を利用してインストールと良いです。

復元作業

Outlookは「pst」ファイルです。

復元は新しいPCのOutlookに行います。

設定はサーバーを経由して別PCへデーターを移します。USBでも良いと思います。

データはマイドキュメントのOutlookフォルダに入れます。

表示名を変更するにはここで変えます。

このように表示されます。

復元後に確認したら、一部のデータか抜け落ちていました。

もう一度、バックアップからやり直して成功しました。

Microsoft様へ

Microsoftも移行ソフトの提供はありませんので自力で解決するしか有りません。

Office 365 Businessを推すなら移行ソフトを作って下さい。

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
手技治療においては臨床経験の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。