結果を出す手技療法のパイオニア

ネットバンク必須 PhishWallクライアントが起動しない時のWindows対処方法:Google Chromeの場合

時々、表紙のようなメッセージが出ていましたが、再起動すると直っていました。

先週から再起動しても直らなくなって、振り込みの時に不安になるので対処方法を探しました。

PhishWall|セキュアブレインの解説

このような事象の場合は、提供会社に解決方法が有るか探します。有りました。

PhishWall プロキシ環境で使用時の注意点

プロキシ環境で使用している場合、FireFox/Chromeでポップアップが表示されないなどの影響が出る場合があります。(IE、Safariは影響を受けません)その場合は以下の除外設定を行う必要があります。
 
※ブラウザ拡張から常駐プログラムに対して「http://127.0.0.1:8888」の通信を行うため、除外設定を入れないと上記通信もプロキシに送信され、正常動作が出来なくなります。

と言うことなので設定をします。

私の方法

Windows10 Google Chrome です。

chromeの画面

ブラウザ、右上の点々が立て三つ並んだ場所をクリックします。

 
プロキシで検索するとパソコンの設定画面の誘導が出る。

Windowsの画面

プロキシの設定で、2箇所をオンにする。

 

以上の設定をしたら、エラーは無くなりました。

これで安全にネットバンクを使えます。

分からない場合は、銀行のサポートに電話されれば、懇切丁寧に教えてくれると思います。

この記事を書いた人

アバター画像

村坂 克之

小又接骨院・鍼灸院の院長です。鍼師、灸師、柔道整復師の国家資格にて施術を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。親指シフトユーザー。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。