お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

ベーカー嚢胞の59歳男性、治療で正座は可能になりましたが嚢胞は消退せず半減まで、1ヶ月後に再来院されます

遠方からの来院ありがとうございます。北海道からお越し下さいました。

先日の北海道胆振(いぶり)東部地震の時は、凄く揺れ、会社のエレベーターとプレハブ倉庫が壊れたそうです。

東京への出張を兼ねて来院されました。

1回の治療予定です。

来院までの状態

2.3年前から膝裏に張りを感じ始めました。

雪が溶けて、今春、運動を開始したら膝に痛みを感じたので休みながら始めました。

登山は可能です。

9月にウォーキングをしたら激痛が出て運動を中止しています。

正座は2週間前からできなくなっています。

膝の痛みは、大学生の頃、サイクリング部でガンガン走ると痛みが出ましたが、2時間ほど休憩すると再び走れたそうです。

靱帯損傷などの既往はありません。

初回の状態

左膝にベーカー嚢胞(嚢腫)を認めます。

膝窩と内側部にあります。 圧を掛けると交通しているのが判明します。

大きい方です。

フーシェ徴候も陽性です

Foucher’s sign: The cyst becomes hard with knee extension and soft with knee flexion;
フーシェの徴候:嚢胞は膝伸展位では硬く、膝屈曲位では柔らかくなります。

治療

当院規定のベーカー嚢胞の治療を行います。

治療後に、正座は痛み無くできるようになりました。

腹臥位(うつ伏せ)では、嚢胞は消失していますが、立位では嚢胞が出できます。

立位で消失しないと再び出てきます。

男性のベーカー嚢胞

男性は関節が固いので、逆止弁も開きにくいです。

嚢胞の逆止弁を開く手技

独自開発の嚢胞の逆止弁を開く手技を行います。

嚢胞は半減しましたが、消失までには至りませんでした。

自己リハビリが大切

ベーカー嚢胞が突出する部位が、半腱様筋、半膜様筋と腓腹筋内側頭との合わさる部分からになります。

1ヶ月間、足指リハビリと膝関節の隙間を広げるリハビリを、一生懸命行って頂きます。

来月に再び治療します。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。