村上宥快和尚さん説法「体の自由と心の自由について」

村上宥快和尚さん(大正7年10月8日〜平成3年3月12日・享年72歳)のお話をまとめました。

体の自由と心の自由について(八正道を実践することが自由につながる)

自由とは、私たちが自分の自我意識を張り出すことではありません。

私たちは、宇宙の原則の中で生きています。神の自由な心です。

普段、私たちは、エゴや執着で心をがんじがらめにして生活をしています。

その状態を心から取り除いた時、私たちの心は自由になり、肩の力も、心の力みも、懸念もなくなってきます。

神様の心とは、自由なのです。

普段、私たちは、自由を善であろうと悪であろうと勝手に振る舞うことが、自由だと思っていますが、正法の自由とは、心の束縛から解放されることが自由なのです。

私たちは、心も体も煩悩という曇りによって不自由をするのです。

煩悩を心から排除すれば、我々の心と神の心は同通するのです。

私たちの心は、本来は自由自在に、「宇宙即我」という境涯に到達できるだけの能力を持っているのです。

このことが、本当の自由なのです。

いわゆる是非善悪という、自分の心の煩悩という曇りを取り除くと、次元の越えた世界は非常に自由なのです。

その自由でも、あの世という存在の世界へ行くと、「ラクダに乗って針の穴をくぐる」ということを、キリスト教の聖書には書いてあります。

人間の心とは、肉体という囚われがあって初めて不自由なのです。人間は意識の世界を、開拓してきますと全く自由なのです。

今まで私たちは、束縛や悪という想念に取り巻かれて、自分自身の心の自由を失っています。

私たちが悪事を働いて、刑務所へ入ったとします。又、冤罪で、同じように刑務所に入ることもあります。すると肉体の不自由を感じるのです。

しかし自分の心の発展の過程では、そういうこともあり得るのです。

それはなぜかと言うと、ガリレオが地動説を唱えたら、当時の人々は宗教裁判にかけて罪人にしたのです。牢獄に入れたのです。これは肉体の不自由なのです。

しかし本当に、自分の心の自由を求めた時に、今まで自分の心を束縛していたものは、実は、私たちの心だったということがわかって、心の束縛をほぐせば自由に、あの世と、この世の世界、悪の世界も善の世界も、一目瞭然に理解できる条件が出てくるのです。

これが本当の自由なのです。

自由というものを、私たちは、現在のように、「自由だ、自由だ」つて言って、皆、不自由を感じているのです。

現在の自由とは、物の自由しか考えてません。

そうではなくて、物質や経済から解放された心が、私たちの本当の自由な働きをしてくるのです。

ですから人間は今までの想念を、変えていかなければなりません。

今まで人々は、物質や経済、あるいは地位、名誉というものを通して考え処してきたのです。

しかし、そういうものは本来必要のないものなのです。

自分の心をがんじからめにしていたものを、八正道により取り去ると、「宇宙即我」というお釈迦様の悟りの境地にも到達できるのです。

ですから八正道は、心の束縛を解放する唯一の方法なのです。

それを、体得することが本当の自由なのです。

幽体離脱という条件があります。

これは、人間の意識が肉体を離れることなのです。これは、誠に爽快なものなのです。自由自在にあの世を闊歩することができます。肉体という、物質の執着から離れた条件なのです。

皆さんも八正道をやっていくうちには、幽体離脱という条件を体験することになります。

それを体験してみると、私たちは、自由というものの本質がわかると思います。

1990年(平成2年)10月15日 東京研修会にて

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。