お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

村上宥快和尚さん説法「自殺について」

村上宥快和尚さん(大正7年10月8日〜平成3年3月12日・享年72歳)のお話をまとめました。

自殺について

「不生不滅」の自分の心を自覚できなかったから、自ら自分の命を絶ってしまうのです。

肉体に執着があり、死ねば楽になるという間違った考えをもつからです。

絶対に自殺をしてはいけません。死んでも楽にはなりません。もし自殺をしたら、何百年も地獄という暗い世界に居なくてはならないのです。

地上界とは魂の修行の場なのです。肉体というものは、魂、意識の乗り舟なのです。

ところが肉体に執着を持つと、意識をそっちのけにしてしまうのです。生命というのは意識です。現象界では、意識の生命と肉体の生命とが合わさっているのです。

あの世とこの世は、「あ」と「こ」の違いだけで同じなのです。

あの世は意識の世界、この世は肉体の世界です。しかし、この肉体の世界も消滅すると、私たちの意識は向こうの世界へ還るのです。

そうして再び、この世へ出てくるのです。それを転生といいます。転生ということは、転じ生まれる、生まれ変わるということです。

転生輪廻は仏教の原則です。過去世から色々な所に生まれ変わり魂の修行をしているのです。

私たちの魂は死ということはないのです。ですから般若心経の中に、「不生不滅」とあるのです。

不生とは、永遠だといっているのです。

ところが、現代の宗教家たちは、「不生不滅」を、何もないと解釈をしているのです。 これは間違えです。

それは、肉体が動いているではないかと思われるでしょうが、本当は、意識が肉体を動かしてるのです。

ある方が、「まったくないようでもない、まったくあるようでもない」といっていますが、理解ができるでしょうか。

今までは般若心経は、ものを否定しているような切ない感情にとらわれますが、そうではないのです。

「色即是空」の色とは物質なのです。私たちの肉体も物質なのです。空とは意識エネルギーです。

「エネルギー不滅の法則」というのが、物理学上あります。私たちの意識もエネルギーなのです。

宗教も物理も同じなのです。

ところが現代では、肉眼で見たことだけが正しいものと思い込んでいるのです。

ですから私たちの意識、心というものは、偉大な働きを持っているのです。そのことが書いてあるのが般若心経なのです。切なくはないのです。永遠不滅の神理を説いているのです。

意識は永遠であるという自覚を持てば、自殺ということは考えられません。

自殺は、神の意識を具現するべき人間としての、魂の修行を放棄することです。

どうか、万物の霊長である自覚を持たれることをお願いします。

1989年(平成1年)11月21日 高山精舎月例会にて

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。