腕を上げる途中が痛くて挙げられない、2つの筋肉の収縮不良が原因の場合が多い

肩関節の治療は、本当に難しいです。

中高年で多いのは

疑われる疾患は、

  • 腱板断裂
  • 石灰沈着性腱板炎(石灰性腱炎)
  • 変形性肩関節症
  • 絞扼性神経障害
  • 頚椎疾患
  • 神経原性筋萎縮症
  • 腫瘍性疾患
  • 内臓からの関連痛
  • ほか

世界標準のメルクマニュアルには

肩腱板損傷/肩峰下滑液包炎 – 25. 外傷と中毒 – MSDマニュアル家庭版

グーグル検索:インピジメント症候群

インピジメント症候群 – Google 検索

症例

全て1度の治療で、手が挙がるようになりました。

  • 79歳女性:半年前から手が挙がらなくなり近医を受診して、注射やリハビリを受けていました。

  • 50歳女性:2ヶ月前から手が挙げられるけど途中で激痛が出ます。

  • 67歳女性:1が月前から、農作業後に挙げられなくなり困っていました。

共通するのが、反対の手で支えれば挙げられます。

上腕二頭筋腱断裂でも同じ症状が出るので、二頭筋筋収縮の観察は必要なります。

当院の治療

僧帽筋下部と大菱形筋の筋収縮を正常にします。その場で肩が挙げられるようになります。

治療で筋反射を正常に戻します。強い刺激は不要ですが、特殊な方法を用います。

この2つの筋肉か正常に働くと、肩甲骨が動いて肩の挙上が可能になります。

難しいのはトレーニングでは回復しない点です。

大菱形筋

僧帽筋下部

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。