お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

遠近両用眼鏡とハズキルーペを使っての縦読み読書は酔いやすく、近用眼鏡と一緒のが絶対読みやすいです

ノンフィクション関連の書籍を続けて3冊読みました。

単行本なので字は大きいですが老眼で読みづらいです。老眼鏡も持っていますがイマイチです。

普段は室内は遠近両用を使用しています。

字が大きくなるハズキルーペは本当に助かります。

読書で遠近眼鏡とハズキルーペで船酔い現象

私の眼鏡は、室内用なので実際は中近両用です。

二重焦点になるので、拡大して縦書きの単行本を読むと船酔いみたいになります。

横書きはまだしも、縦書き原稿はそうなります。

対策

近用眼鏡を使用します。

私は、運転用とパソコン用があります。

運転用は最大限に遠くが見えるようにしています。パソコン作業専用はディスプレイと目の距離55センチに合わせています。

どちらもハズキルーペと合わせても、単焦点なので船酔い現象は起きません。

運転用は少し遠くでピントが合い、パソコン用は手元でピントか合います。

近用の眼鏡は5,000円くらいので十分です。

遠近両用は安いのは像が歪むので、レンズはなるべく良いのをお勧めします。

公式サイト

ハズキルーペ 公式サイト – Hazuki Company (旧プリヴェAG)

使っているハズキ1.6倍ルーペ

今は、拡大率が、1.32、1.6、1.85とあります。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。