お盆のお墓参りで、お線香に手早く火を付ける方法

毎年、お盆の後に、お墓参りの話が出ます。

お線香に火を付けるのが手間取る話が毎年話題になります。

ポケットトーチ

最強です。
我が家のお墓参りに行くときの必需品になりました。

ポケットトーチ

Amazon検索:ポケットトーチ

風よけライター

通常は「風よけライター」を購入されると思いますが、思いの外使えません。全然ダメです。少しの風でも火がたなびいて使えません。

Amazon検索:風よけライター

あることで、ポケットトーチを知りまして、それを使ったら、けっこう強い風が吹いても大丈夫ですし、あっと言う間に、線香に全て火を付けることが可能です。

お線香の一本一本に火を付けたいと思う性分の人にはベストアイテムです。私もその一人です。

注意は、噴射口は熱くなるので、火傷に注意です。

是非、お墓参りの時に使ってみて下さい。

ご先祖様も喜ぶことでしょう。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。