ローカーボ食指導・灰本元先生(医師)ご著書の紹介、ゆるやかな糖質オフなら無理なく一生続けられます

昨今、糖質オフブームです。

アジア人は米を主食にしていますから、全く止めるのはナンセンスです。

油を上手に使うのがポイントです。

灰本先生のご指導

HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)の目標値が0.5%緩む

HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)のガイドラインは一律6.5%だったので、2012年より、年齢によりますが0.5~1.5%も緩んでいます。

低血糖を起こさないこと(大事!)

1回の低血糖発作でも、数年に渡り、認知症や心疾患にかかるリスクが高まるそうです。怖いデス。

なので下げすぎもダメだそうです。

その条件下でのHbA1cの目標値

  • 40-60歳代:7.0%(低血糖がないなら6.5%)
  • 70歳代:7.5%
  • 80歳代:8.0%

80歳以上の高齢で5年以内の寿命と予想される場合や、認知症がある場合には8.5%となっています。

6.5-7.5%までは、予後は変わらないそうです。

調子に乗って食べ過ぎると直ぐ上がるので気をつけましょう。

低血糖の可能性のあるお薬をできるだけ使わない

アマリール、オイグルゴン、シュアポスト、インスリンのお薬だそうです。

DPP-4阻害薬(一般名:ジャヌビア)、メトホルミン(一般名:メトグルコ)は良いらしいです。

糖尿病悪化の原因

  1. 炭水化物(糖質)を食べる量
  2. 身体活動量
  3. インスリンの分泌量と効き具合

3は患者さんの体質なので変わらないので、検査で分かるそうです。

1,2は生活習慣なので変えられるそうです。

インスリンを出す能力は75グラムブドウ糖負荷試験(75gOGTT)をすれば分かるそうです。

医師が実践する おいしい糖質オフレシピ216

この本は大変わかりやすく糖質制限食を紹介してあります。

米も十分食べられます。

成功のポイント

  • 自分に合った糖質量で良い
  • 糖質が多い食品ならどれを減らしても良い
  • 減らすなら夕食が良い
  • 1日の糖質摂取量は200グラムは取らないとダメ
  • 糖質オフとは高脂肪食と心得る
  • 痩せすぎはだめ
  • 最初の3ヶ月が勝負

灰本先生(Haimoto H)のPubmed 論文

Haimoto H – PubMed – NCBI

Haimoto H[Author] – PubMed – NCBI

灰本先生のご著書(監修・共著も含む)

糖尿病とかで、既にお医者さんにかかっているなら

相談してOKもらってからやりましょう。

中部なら、日本ローカーボ食研究会の先生に診察を受けると良いです。

日本ローカーボ食研究会 :: 賛助会員の医療機関

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。