トレイルランに切り替えたら膝の負担が激減した50代前半男性、これなら膝を壊さない楽しい

健康に為にジョギングやマラソンを行う人が増えています。

膝を壊す人が激増

ところが、調子が良いと続けると大体の人が膝を痛めます。

中高年のジョギングやマラソンは勧めていません。

トレイルランは膝が調子良いと

トレイルランニング – Wikipedia

とある患者さんがマラソンからトレイルランに変更しました。

体格は中肉中背です。

1回につきマラソンは10キロ、トレイルランなら7.8キロです。

トレイルランの方がアップダウンが有りますからしんどいはずですがガンガン走れるそうです。

景色もドンドン変わるので楽しいそうです。

トレイルランの後にアスファルトで走ったら

急に足腰がガタガタになったそうです。

二度と、アスファルトは走りたくないと言っていました。

固い地面で走るより土が良い

膝などの関節は消耗品です。

スポーツ選手の膝は現役引退時には70歳代の膝になっています。

走りたい人は、なるべく土のコースを走りましょう。

それが長く続けるポイントです。

筋トレ効果も期待できる

トレイルランはアップダウンが激しいので、筋肉への負担が増えます。

速筋線維の強化にもつながり筋肥大も期待できます。

 

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。