お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

成長痛 オスグット病 靴紐の問題を最初に考えます

子供の下半身の症状の殆どが靴に原因がある場合が多いです。

靴紐≠ベルクロ(マジックテープ)

靴紐の方がしっかりと足を固定できます。

症状のある人は、ベルクロテープは止めた方が良いです。

サイズの大小が問題になる場合もありますが、一番の原因は、靴紐がゆるめが多いです。簡単に、脱いだり履いたりできちゃダメなんです。

ただし、運動時に使用する場合です。後は症状により指導が違いますが。

一番の成長期だと、しょっちゅう買い換えになりますが、これがくせ者です。

運動シューズは結構高いので、買い換えを少なくしたいので大きめを買いますが、本人の体力が無いのに高級品を買ったために、返って足の負担が増えすぎることがあります。

また、体力が無いのにスパイクを多用するのもダメですね。

外国製は避けて下さい。やっぱり、安かろう悪かろうです。

日本の会社が管理している製品を管理している物が良いです。

極端に安い商品は、靴底がゆがんでいるのが多いです。

日本製で、こまめに買い換えるのが一番良い方法です。

多少費用はかかりますが、お子様が成長されたときの足の不具合を言われることは無くなるでしょう。

などです。
当院の来院患者さんでも、この靴の問題の指導で殆ど良好となります。靴紐の結び方が正しくなって、あっという間に治ります。

ランナーなどの大人も同じです。フォームの前に、まずシューズです!!

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。