お薬を使わない手技治療のパイオニア|痛みやしびれを早く治す治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

外反母趾・変形性膝関節症・冷え性が改善した74歳女性、村坂ゴムバンド足指強化法の効用

図解は典型的な外反母趾が変形に至る図です。

村坂ゴムバンド強化法を1ヶ月行った結果、外反母趾・変形性膝関節症・冷え性が改善しました。

外反母趾

足の親指と人差し指が重なっています。変形はまだ初期の段階です。

この患者さんも、外反母趾は治らないとあきらめています。

村坂ゴムバンド強化法を1ヶ月しっかり行って頂きました。

変形性膝関節症

外反母趾の有る方に膝関節炎があります。

村坂ゴムバンド強化法を行って頂きましたら、全体の痛みは消失し、関節の内側裂隙(内側の隙間)のみになりました。

3ヶ月継続すればその痛みも殆ど消失すると思われます。

より積極的に良くするにはゼラチンの摂取が必要になります。

冷え性

この運動法を行う前は、夏でも台所ではスリッパか靴下を履かないと寒かったそうです。

これも体質とあきらめていました。

今は全く気にならずに台所に立てて、足の疲れも減ったそうです。

結果

膝の痛みも、痛い側に外反母趾があると殆どが治らない実情があります。

変形性膝関節症も、手術を考えるほど悪化する前に外反母趾を良くすれば症状も好転します。

この患者さんは、外反母趾の指の重なりが取れ足の親指が真っ直ぐになりました。

一概に冷え性と言っても、単純な血行状態を改善するとあっという間に治ります。

冷え性用の靴下を愛用したり、体質とあきらめる前に是非やってみて下さい。

患者さんの感想

「村坂ゴムバンド強化法はNHKの朝ドラを見ながら毎日行っています。」

「外反母趾が段々良くなってきたのでやりがいがあります。」

「死ぬまで自分の足で歩き続けたいので、これからもやっていきます。」

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。