お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

そけい部の痛みを訴える運動選手 原因は1年前の腰のケガだった

トップクラスの選手です。

大事な試合を控えて

ご紹介で来院されました。

整形外科での診察では異常は見当たらず、色々な先生の治療は受けたそうですがかんばしくなかったそうです。

このままだと、ベストコンディションで試合ができません。

歩行や運動時の痛みが

そけい部の痛みは仙腸関節が原因です

100%近い確率で、そけい部の痛みは仙腸関節が原因です。

変形性の股関節症も、仙腸関節の副運動の異常が原因です。異常があると股関節の痛みをより強くしています。手術される場合も、事前に矯正を何回か行うと術後も良好となります。

股関節のFAI(インピンジメント)もCT・MRIで異常があっても仙腸関節の治療で治る場合が多いです。

仙腸関節の副運動の矯正は、鑑別診断も兼ねています。

真の原因は1年前の腰のケガでした

治療中に指摘したら思い出されました。その時は、自然になんとなく治ったそうです。

そのケガが1年後に他の症状として出るとは想像もできないのは無理もありません。

治療は、仙腸関節の副運動の異常を治します。これが最重要ですが出来る先生が少ないのが実情です。

リアラインコアで立位で体幹軸の修正や、歩行での仙腸関節のクランク運動の動きを治します。

都合、3回で略治しました。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。