痛みを和らげるには体に水分を貯めることが必要です、お茶・コーヒー・紅茶など飲み物からのカフェインを減らしましょう

もっとも基本の考えです。

体の水分か少ないと神経伝達も上手くいきませんから、余計に痛みを強く感じます。

どんなお薬よりも、水分が大切です。

年齢と共に干からびる

一般にも知られてきましたが、年齢と共に体の水分が減ってきます。

それと共に、渇きも感じなくなり、益々、水分を取らなく無くなります。

カフェインとは

栄養ドリンクにも含まれているので、注意が必要です。

カフェイン(英: caffeine, 独: Coffein)は、アルカロイドの1種であり、プリン環を持ったキサンチンの誘導体として知られている。
興奮作用を持ち精神刺激薬のひとつである。カフェインは、アデノシン受容体に拮抗することによって覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用を示す。

コーヒーから分離されカフェインと命名された。
主に、コーヒー飲料、緑茶、ウーロン茶、紅茶、ココア、コーラや栄養ドリンクなどの飲料、チョコレートなどにカフェインが含まれる。
一方で、妊娠期や過敏体質によりノンカフェインコーヒー、麦茶などカフェインを含有しない飲料の需要もある。医薬品では総合感冒薬や鎮痛薬に用いられる。

副作用として不眠、めまいなどが含まれる。減量あるいは中止による離脱症状として、頭痛、集中欠如、疲労感、気分の落ち込みなど吐き気や筋肉痛が、ピークがおよそ2日後として生じることがある[1]。頭痛は1日平均235mgの摂取で、2日目には52%が経験する[2]。

引用:カフェイン – Wikipedia

ゼラチンやコラーゲンの摂取を

当ブログでも紹介していますが、結合組織成分であるゼラチンやコラーゲンを取ることは、健康に大切と考えます。

しかし、結果の出にくい人もいるのは事実です。何が問題なんでしょか。

カフェインを取るのを減らす努力を

体に水分を貯める努力が必要になりますが、単に水分をたくさん取れば良いのではありません。

これが、今まで間違っていた認識でした。

いくら水分を取っても、カフェインの利尿作用で体外に出でしまいます。

これだと、熱中症の予防にもなりません。

水、白湯、麦茶など

水、白湯、麦茶などは、カフェインが入っていませんから利尿作用もありません。

水は水道で十分です。ミネラルウォーターなどは不要です。

麦茶はミネラル分を取れるので、足がツル人にはお勧めします。

水健康法の書籍には塩を合わせて取りなさいとあります。日本人は世界的にも塩分の取り過ぎの国なので不要と考えます。

コーヒーならカフェイン抜きを

「デカフェ」とも言われています。カフェインレス・コーヒーのことです。

デカフェ(英語: decaf /díːkæ̀f/ (ディーキャフ)、decaffeinatedの略、「デカフェ」はフランス語: décaféination /de.ka.fe.i.na.sjɔ̃/ に由来した発音)とは、本来カフェインを含んでいる飲食物からカフェインを取り除いたり、通常はカフェインを添加する飲食物にカフェインの添加を行わないことで、カフェインを含まなくなったもののことを指す。ディカフェ、カフェインレス、カフェインフリーとも呼ぶ。

引用:デカフェ – Wikipedia

おフランスで注文するなら「Un décafé, s’il vous plaît.アン ディカフェ スィルヴプレ」となります(´∀`)

カフェインレスコーヒーの英語 decaffeinated coffee、decaf

これなら、コーヒーのお付き合いもできます。頼めばだいたい商品があるようです。

カフェインを減らせば効果出ます

カフェインに対する感受性には個人差があります。

カフェインの入っている飲料を無くさなくても、減らす努力が必要です。

痛みが強いなら、禁カフェインです

痛みが強ければ、一旦、止めることも必要です。

意外な点が痛みと繫がっています。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。