お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

 

高齢者が温熱刺激を続けたら、実は体を冷やしていた可能性の症例

温熱刺激が体に良いと画一的に考えるのは間違です。

体を温めるのは正しいのか?

一見、体を温める事は良さそうに見えますが、体内に熱がこもると、それを冷やすために体が反応します。

この反応は、風邪などの熱だけと思っていましたが、物理刺激の熱でもこのような現象が起きます。

私も温熱刺激は体に良いと思っていました。

温熱刺激は体に有益であるように思われますが、役に立っていない人も存在するのが分かりました。

せっかく体を温める健康法と思い行っても、かえって体を中から冷やすことになっていました。

東洋医学で全身を温める考えは無い

東洋医学ではエネルギーの偏りを治して冷えを取ることはできますが、無いものを注入することはできません。

唯一、食事によりエネルギーの補充が可能です。

患者さんの自立能力を削いでは、何もならないのです。

冷やしている症例

腰の痛みで、外側脊髄視床路への忌避刺激(チクチク療法)を行ったら顔面部に痛みが出ました。

この反射は、体が冷えている人に多い現象です。

歯科や内科で検査をしても異常がありません。チクチク療法を中止して欲しいと言われました。

この患者さんは、日頃から全身を温めることを好んでおられます。

温めた結果、神経の反射で余計に冷やしていたようと推察できます。

大きな発見でした!

患者さんの希望で残念ながら治療は中止になりました。

全くご本人さんの自覚のないところであり、治療したことによって発見された現象です。

残念ですが、温めて気持ち良いことが健康にはつながっていません。

温熱が体を冷やしている症例でした。

健康法も自分に合うのか確認を

冷え取り健康法、温熱健康法はいつも人気です。

良かれと思っても、日常とかけ離れた状態では、決して健康にはなれません。

知らないところで体を悪くしていることもありますから、平生往生を心がけましょう。

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
標準治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
医療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。