Swayback(スウェイバック)姿勢に対する仙腸関節の機能異常を治す手技は大変難しい

Swayback(スウェイバック)姿勢と言うのがあります。

Google検索結果

Swayback姿勢 – Google 検索

最近は若い人でも見る姿勢です。スマートフォンの普及によって誘発されたと考えています。

この姿勢が悪いわけではありませんが、何らかの症状が起きたときに治りにくくなります。

姿勢は太っている痩せている体格のタイプと同じことです。全員が標準では無いですが異常でもありません。

より良くは可能ですが標準を目指すのも無理があります。

腰の痛みとそけい部の痛みを訴えられる

腰全体と両方の股関節の前面そけい部の痛みを訴えられます。長年悩んでいたそうです。

仙腸関節の機能異常が第一原因です。治療に反応しない場合は腸腰筋の異常もあります。

Swayback姿勢で難しいのが、仙腸関節を矯正しようとし圧をかけても関節が逃げてしまいます。

言葉での表現が難しく、悪い場所ほど治療がやりにくいのです。これは人間の自立性なのか悪くても維持するように反応します。

これを治すには標準方法(仙腸関節・前屈上方滑り法)は全く無効で、特殊な方法が必要になります。これを開発するには時間がかかりました。

その場で痛みが取れた

その場で痛みが取れて、開排運動も正常になりました。股関節のFadirf・Fabere(Patrick)テストも正常になりました。

何年も悪かったので痛みは記憶されています。関節の動きも再び悪くなりますが、何回か治療を行えば良い状態の記憶を学習して、関節の動きも正常になるので、痛みも無くなります。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。