お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

両手母指CM関節症の61歳女性、治療で痛みは軽快になり今後も美容師を続けらそうです

地元、飛騨地方からお越し下さいました。

来院までの状態

2018年から痛みが出できました。

今年になり整形外科を受診しました。

診断は母指CM関節症でどうしようもないと言われ、何も処方は無かったそうです。

母指CM関節症をあきらめていましたが、ネット検索で当院を見つけ急ぎ来院されました。

初検の状態

両手の母指CM関節症です。

変形性頚椎症、車をバックさせるときに後ろを向きにくいです。

腰椎3.4辷り症です。

ヘバーデン結節症があります。

治療

当院規定の母指CM関節症の治療を行います。

関節運動学矯正法を行い、腰の痛みと首の回りにくいのも解消しました。

首は通常に動かすことができるようになりました。

股関節の開排運動の痛みも無くなりました。

前前腕筋の異常緊張はあります

異常緊張があるので村坂ストレッチ法を行って頂きます。

自宅リハビリ

自宅リハビリの長田式無血刺絡療法=チクチク療法を行って頂きます。

この方法は、母指CM関節症にもヘバーデン結節症、ブシャール結節症にも有効です。

痛み止めのお薬より効果的です。

今後

地元の患者さんなので、毎月か二ヶ月に一度の来院で改善していくでしょう。

今後も美容のお仕事は辞めること無く続けられます。

ヘバーデン結節症をもっと早くに治療を開始できれば、変形の進行を防げたかもしれません。

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。