お薬を使わない手技治療のパイオニア|痛みやしびれを早く治す治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

15年前に股関節手術をしてから段々腰が痛くなった60歳代女性・女性はガマン強い人が多いです

この患者さんは、全人工股関節置換術(Total Hip Arthroplasty:THA)を受けられています。

手術した場所はもう痛くありませんが、近接する場所が痛くなることは大変多いです。

Google 検索結果

THA 股関節 – Google 検索

症状

少しの動作でも腰に痛みが出て来て辛いとの事です。痛くて、もう踏ん張りが効きません。

整形外科では仕方ないと説明を受けてガマンをしていました。辛いときのみ痛み止めを飲んでいたそうです。

来院までの経過

痛み止めは嫌いだそうです。

股関節に金属が入っているので、怖くて手技治療や電気治療は受けたことがありません。

このような患者さんは関節に金属が入っているので、マイクロ波治療は深部やけどになるので絶対行ってはダメです。

以前より当院のことはご存じでしたが、痛みが強くなってきたので思い切って来院されました。

当院の治療

手術自体は成功しているそうです。金属の緩みもないそうです。

1日の歩数制限や手術をしたことによる意識で手術した側の腰に負担をかけています。手術した側のお尻の筋肉が少し痩せています。

治療の方法は

関節運動学療法を、仙腸関節、腰仙関節、腰椎に行います。
今まで、このような症状には、関節運動学療法のみ行っていましたが、下記の治療を追加して使うようになってからは数段成績が良くなっています。

チクチク療法を、ゼロポイントやデルマトームに関連するポイントに行います。

リアラインコアで、骨盤と肋骨の捻れのバランスを取ります。

この治療で、都合3回で略治しました。

痛いと運動もやりたくない

臀部の筋肉を付けるのは難しく、本人さんとの相談で今後の課題として考え、まず痛みを取るのが先決と考えます。

私自身も膝を壊してから、痛みがあると運動をしたくない気持ちなります。やはり、悪い方の筋肉は痩せます。

痩せた足やお尻の筋肉を付けるのは、加圧リハビリが辛くなく関節負荷も掛からずに安全ですが、今回は痛みを取ることのみに特化しました。再発を防ぐためには筋肉を付けることは必要になります。

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。