お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

関節リウマチの痛みを和らげる 刺絡治療村坂法が抜群の効果

お薬を飲まれていますが、痛みがもっと楽にならないかと来院されます。

関節リウマチ

世界標準のメルクマニュアルには何と書いてあるのでしょうか?

関節リウマチ(RA) – 08. 骨、関節、筋肉の病気 – MSDマニュアル家庭版

朝のこわばりを感じたら検査です(女性が多数)

朝のこわばり(Morning Stiffness)と言います。

他の疾患でも出ますが、受診される時の指標になります。

関節の変形が出るはるか以前の症状です。

早期発見のポイントです。

早期発見で変形を防ぐ

今はメトトレキサート(リウマトレックス)やTNF阻害薬など大変効果の出るお薬がありますので、良い時代になりました。

発病から2年が勝負で、変形を防ぐそうです。

とにかく一度は専門医に診てもらいましょう

専門医に診てもらい、お薬は地元で処方してもらいましょう。

関節リウマチは、専門医と一般の先生の見解の差が結構あります。

当院の治療

刺絡治療村坂法にて体の関節の痛みを取ります。

付随する作用として、CRPの検査(炎症反応)が下がります。患者さんに依っては正常域まで下がります。

しかし、当院の治療では治りません。

免疫疾患なのでコントロールが大切

検査で異常が出なくなっても、体質は変わりませんので注意しましょう。

表紙引用元:MSDマニュアル家庭版

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。鍼灸師、柔道整復師の国家資格にて治療を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。