お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

ぎっくり腰の60代女性、所作に違和感を感じたので検査してもらったらパーキンソン病では無く本態性振戦でした

ぎっくり腰で来院されました。

治療は

治療は解剖運動学矯正法を、仙腸関節、腰仙関節、腰椎に行います。

腸腰筋の筋力を回復させます。これで治りました。

筋肉の緊張や痛みからの違和感は何回かの治療が必要です。

院内を歩く所作に違和感

ベッドに入るまでの状態が少し普通ではありません。

何回かの治療後に、本人さんに気になっているかを確認したら、歩くときに転倒しやすいし、体が傾きやすいと言われました。

総合病院で検査

総合病院で検査したら、本態性振戦でした。

お父さんが同じ症状があったそうです。これは家族性振戦と言います。

早期発見が良い治療につながります。良かったです。

Google検索

本態性振戦 – Google 検索

世感標準のメルクマニュアルの解説

パーキンソン病 – 09. 脳、脊髄、末梢神経の病気 – MSDマニュアル家庭版

振戦 – 09. 脳、脊髄、末梢神経の病気 – MSDマニュアル家庭版

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。