ストレートネックには首用の枕を作ってもらい体操をしてもらっています

ストレートネックによる症状は当院の治療で改善します。

ストレートネックは体のタイプと一緒なので、症状が出なければ余り心配はいりません。

より良くするために自宅での自己リハビリをやってもらっています。

頸椎の動き回復させる体操

これで、頸椎カーブが回復するとは限りませんが、実施すれば良い状態になります。

材料

スプレー缶、塩ビ管、ペットボトルなど丸い物。

タオルだけでは効きが弱いです。

ペットボトルも空の場合や水を入れる場合もあります。当たりか変わるので試して下さい。女性はペットボトルが柔らかい当たりで良いようです。

ご自身の好みで首への当たりを考えて作ります。何回か作り替えるが必要です。

方法

図のように上向きで寝ます。

首が痛くないように左右に向きます。徐々に動かしましょう。痛みが無いようなら続けます。

痛みが出ても、関節が動く前兆の時があります。

基本5分くらい、長くても10分以内で、寝入らないようにして下さい。

具体的には、個人差があるので色々試して下さい。

注意

頚椎の前弯が強くなって症状が出ている人は、やったらダメです!

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。