お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

【市川海老蔵 古典への誘い 2017秋季公演 感想】見得が冴え渡る分かりやすい舞台でした

初めて海老蔵さんの舞台を、穂の国とよはし芸術劇場プラットで拝見しました。

公式

市川海老蔵 古典への誘(イザナ)い2017秋季公演

「市川海老蔵 古典への誘い」秋季公演のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと)

感想

おやっと感じたことは、意外に声が小さかったことです。発声を抑えている印象です。体調が悪かったのか分かりませんが。。。

演技に成田屋を1人で背負っていく気概が感じられます。

大向こうがありませんでしたが、みなさん拍手で応援しました。

身替座禅(みがわりざぜん)では、山の神役の片岡市蔵さん(奥方玉の井)が伸び伸びと役をこなしていて面白かったです。いつの世も奥方は怖かったという話です。

海老蔵さん(山蔭右京)も、京男を面白く演じられて、会場は笑いの渦に巻き込まれます。

男伊達花廓(おとこだてはなのよしわら)では、江戸の色男を演じて見事な踊りを見せてくれました。成田屋の見得を大盤振る舞いしてくれました。

カーテンコールでは、挨拶の後に、ミュージカル風に演奏者さんや歌の人達へ拍手をされて、手ぬぐいを会場に投げていました。

チラシ


 

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。