お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

腰部の支配神経から考える膝の痛みの治療

膝が痛くなるのは加齢現象のひとつなので仕方ないですが、、、

特に変形性関節症で手術を勧められても家庭の事情もあって直ぐにはできません。

でも痛いし、注射はそんなに効かないし、と途方に暮れます。

支配神経が膝の痛みを増強させます

この支配を考えて治療すると、より効果が高まります。

残念ですが、膝のみの治療ではいまいち効果が上がりません。

L3=腰椎3番

膝内側面、MCL損傷、鵞足炎

L4=腰椎4番

膝前面、オスグッド、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)

L5=腰椎5番

膝外側面、LCL損傷、腸脛靱帯炎

S1=仙骨1番

膝窩外側、ベーカー嚢腫

S2=仙骨2番

膝窩内側、ベーカー嚢腫

治療は

外側脊髄視床路への治療により痛みの感受性を改善します。現在、一番重要な治療となっています。炎症状態も改善します。

支配神経の関連する脊椎への関節運動学矯正法により関連痛を改善します。

筋力低下があれば加圧リハビリにより、下肢筋力低下を改善します。
筋力や筋反射力を向上させても、上記の神経の流れや関節の副運動が改善しないと効果が出ません。やみくもに筋トレを行うのは間違えです。

炎症が強ければ高濃度人工水素水浴により改善します。水素の抗炎症作用は目を見張るものがあります。

以上の治療の組み合わせで、だいたい良くなってきます。

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。