お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

オスグッド・シュラッター病 今まで気づかれなかった仙腸関節副運動の異常が原因

成長痛の一種ですが、ご子息に取っては辛い症状です。

世界標準のメルクマニュアルには何と書いてあるでしょうか。

オスグッド・シュラッター病 – 23. 小児の健康上の問題 – MSDマニュアル家庭版

発症年齢は

10歳から15歳ぐらいの小・中学生に多く発症し、割合としては男子に多く発症します。

自宅でやってもらうことは

冷湿布を毎日貼ってもらいます。生地がフェルト状の水分を多く含むタイプです。

痛みが強い場合は装具を付けます。

当院の治療は

患部の治療より、仙腸関節の引っかかりを取ることが必須になります。

鑑別診断として股関節のFadirf・Fabere(Patrick)テストの検査をすると100%引っかかりが存在します。

それを解剖運動学矯正法にて解消します。

その場で膝の痛みは激減しますが、成長期なので、関節面の引っかかりが出るので繰り返し治療が必要になります。

そりゃ、一年で10センチとか身長が伸びるのですから、関節にも引っかかりが出て当たり前です。

小学生でもリアラインメソッドは必要になります。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。