お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

正座ができない原因がハムストリングスの動きの悪さにあった中年女性

ハムストリングスの肉離れを起こしてから、段々調子が悪くなってきたそうです。

解説

解説[編集]
大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋の3つの大腿後面にある筋(この他に大内転筋を含むこともある)を合わせてハムストリングスという。
この言葉はスポーツに関して特によく使われ、下肢の動き作りや運動能力に大きく影響する部分であるとされている。
しかしトレーニングが難しく、反面肉離れなどの故障を起こしやすく、一度故障すると癖になってしまう場所としても知られる。

引用:ハムストリング – Wikipedia

ココの肉離れは治りにくい

ハムストリングスの肉離れは、スポーツ選手の引退のきっかけになることもあります。

この患者さんは

若いときからハムストリングスの動きが悪かったのか詳しい問診で判明しました。

ハムストリングスの動きを回復させる治療を行い正座が可能になりました。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。鍼灸師、柔道整復師の国家資格にて治療を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。